おせちの発祥とその歴史的な経緯

subpage-img

おせちは今でこそ正月料理のことを意味するようになりましたが、元々は中国より伝わった五節句の影響を受けて宮中で行われた行事です。


その意味においては、正月に食することから歳神様にご供養するための料理のことを言うことでおめでたい意味が存在します。
原型は弥生時代には存在したとされていますが、中国と日本が盛んに交易を行っていた事情もあり、奈良時代には朝廷内で節会を行っております。

気軽におせちのココだけの話をしましょう。

当時のお供えの料理はご飯などの食物を高く盛ったのがおせちであり、現在の正月料理のように贅を尽くしたものではなかったです。

それでも庶民とは無縁の高級貴族のためのものであったのが実態であり、本格的に一般的に普及するのは江戸時代以降になります。



おせちは武家の作法によって形作られ、武家は家を重んじることもあり、その家の独特のしきたりが生まれる所以にもなっています。
しかも各地域によって相違も見られ、関西では蓬莱飾り、江戸は食積み、九州では手懸け盛りとも言われ、地域で独特の習俗やおせち料理を振る舞われるのが特徴的です。次第に新年を迎えるおめでたい感を強くすることで、特別な期間であると人々にも意識され始める契機が江戸時代に存在しました。現在の重箱積みは明治以降とされ、第二次世界大戦後に重箱積みのおせちをデパートや百貨店で販売したことから、それが人々にも浸透していったとされます。
現在では重箱積みが当たり前になっており、高級感を演出しており、正月という特別な日に食べる上では贅を尽くした感じとなり、正月ぐらいはという人々の心に訴えかけております。



top