おせち料理が重箱に詰められている理由と意味

subpage-img

様々な食材が入っているおせち料理は年末から年始にかけて食べます。

このような形になったのは江戸時代の頃であり、それまでは元旦だけでなく、ひな祭りや端午の節句、たなばたなどに食されていました。

入っている食材には様々な意味が込められており、子孫繁栄や五穀豊穣、健康長寿などに由来するものとなっています。


これらの料理は四角い箱に詰められていることが多いのですが、これは重ねることでめでたいこともかさなっていくということを意味します。
ですが、近年では食生活の変化などにより洋風や中華のおせちも増えており、必ずしも箱型の容器に詰められているわけではありません。

おせちを知りたいならこちらです。

大皿などに盛り付けを行い、それぞれのお皿に取り分ける形をとっていることもあります。


おせち料理は本来四段重が正式な形になります。地方やその家のしきたりなどから三段や五段になったりすることがあり、一人暮らしの人も楽しめるよう一段のものも増えてきています。
四段や五段の場合、一番下には祝い肴が、二の重には口取りと言われるきんとんやかまぼこといった甘い物、三段目は焼き物、与の重は煮物となっており、最後の五段目は空っぽになっていることが多いです。



五の重が空になっているのは将来の繁栄を願い、富や福が今後も増える余地があることを示していることが理由となっています。



なお三段重では空っぽの重箱は存在しておらず、三段すべてにおせち料理が入っており、一の重が祝い肴と口取り、二の重に酢の物と焼き物、三の重が煮物です。


top