おせちが作られるようになった理由

subpage-img

正月になるとおせち料理を食べる家庭が多くなりますが、この料理は古くから食べられてきたという伝統がありますが、その意味については知っていない人も多くいるでしょう。

おせちを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

これは作られるようになった当時は現在のように保存方法が確立しておらず、冬になると栽培したり収穫できる食材が限定的になってしまうので、その限られたものの中で縁起が良いものを選んだ結果です。日本は古来より生活の中で良縁を求める傾向が強く、会社で神棚を珍重したり、祭りが行われて厄払いを実施してきました。

この流れで特に重要に感じられているのが新年を迎える正月であり、年の始まりに縁起が良いと考えられている食べ物を口にすることで、その年の一年を無事に過ごすことを目的におせちが食べられるようになったという歴史があります。



おせちには代表的な料理があり、鯛は「めでたい」という語呂から来ていて、黒豆は豆という言葉が昔から健康の象徴あったので、体を壊さずに丈夫に生活することを意味しています。

また、クワイは芽が出ている姿から上昇志向という意味がありますし、ニシンの卵である数の子を使うのは子宝に恵まれること願っていて、子供がどれだけ大切であるかを再認識してくれることになるでしょう。

おせちは元々は保存食で作られるようになった経緯があり、そこから時期的に低温になるので食べ物が腐りにくくなっていこともありますが、長い期間を使って食べるのが一般的です。



そこに良縁を求める日本人気質が加わって今の形式になりましたが、実際にその意味を知らない人が多くなっているのも時代の変遷と言えます。


top